FC2ブログ
GW旅行記 熊本編④
2018/06/05(Tue)

 中国地方もついに梅雨入りしましたね!

 夜から雨の予報でしたが、すでに降り始めました~ (>_<)



 今年のゴールデンウィークは、九州へ行って来ました!


 水前寺成趣園


     水前寺成趣園


 地元では「水前寺公園」の名前で親しまれています。

 入場料金は、大人400円です。(市電1日乗車券の提示で360円になります。)


 入口


     水前寺成趣園


 水前寺成趣園石碑と明治天皇臨幸碑がありました。


 園内

 
    水前寺成趣園


 水前寺成趣園は、寛永13年(1636年)より、細川忠利公(初代肥後藩主)、光尚公、綱利公の三代にわたり築造された桃山式回遊庭園です。

 昭和4年(1929年)に、国の名勝および国の史跡に指定されました。



    水前寺成趣園
 

 東海道五十三次を模した見事な和風庭園が広がります。


 湧水池と富士山に見立てられた築山



            水前寺成趣園



 「日本橋」をイメージして造られた石橋もあります。



    水前寺成趣園



 鯉の群れ


               水前寺成趣園


 池の水は阿蘇の伏流水だそうです。

 熊本地震によって一時的に池の水が干上がってしまいましたが、地元の方々の力によって復活したそうです。


 細川忠利公(左)と細川藤孝公(右)の銅像


     水前寺成趣園



 能楽殿


      水前寺成趣園


 古くから熊本に受け継がれてきた本座・新座の伝統を今に伝え続けています。


 古今伝授の間


     水前寺成趣園


 四百年程前、京都御所にあった建物を大正元年(1912年)に移築したものだそうです。



        水前寺成趣園

 
 ここのお座敷から眺める成趣園が最も美しいと言われています。


 園内では、水前寺菜が栽培されていました。



         水前寺成趣園


 水前寺菜は、熊本の伝統野菜だそうです。

 葉の表面は濃い緑色ですが、裏面は濃い紫色の美しい野菜です。美味しいのかな?^^


 思ったより小さな庭園でしたが、散策するには丁度良い広さでした。



 にほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ にほんブログ村 主婦日記ブログへ



この記事のURL | おでかけ | CM(0) | ▲ top
<<GW旅行記 熊本編⑤ | メイン | 鳥取まちなかビアフェスタ2018>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |