FC2ブログ
GW旅行記 熊本編③
2018/06/02(Sat)

 ガソリンの価格が高騰していますね!!

 まだまだ上がるのかなぁ・・・ (T-T )



 今年のゴールデンウィークは、九州へ行って来ました!


 加藤神社


     加藤神社


 加藤清正公を祀るため、熊本城内に創建された神社です。


 拝殿


       加藤神社


 多くの人が訪れていました。


 境内からは、熊本城が見えます。



    加藤神社から見た天守閣


 熊本城天守がよく見えるスポットでもあり、復旧中の熊本城を間近に見学することができます。



       加藤神社から見た天守閣


 急ピッチで復旧工事が進んでいます!

 本当に、今しか見ることのできない姿ですね・・・€=(´Д`)    


 宇土櫓


    加藤神社から見た宇土櫓


 空堀と20メートルもの高石垣の上にそびえる三層五階地下一階の櫓です。



        加藤神社から見た宇土櫓

 
 西南戦争や熊本大空襲からも免れ、明治22年の地震、そして今回の大地震でも倒壊することなく、しっかり建っていました!


 くまモン達磨


          加藤神社


 再建のための募金を呼びかけていました。
 

 境内には、多くの清正公ゆかりの遺物がありました。

 文禄の役記念 清正公の旗立石


       加藤神社


 明治42年肥前名護屋城より移したものだそうです。


 清正公お手植えの樹


             加藤神社


 この銀杏の樹は、慶長6年(1601年)より慶長12年(1607年)の熊本城築城の際、大天守前の銀杏の樹と共に、加藤清正公がお手植えされたものと伝えられています。


 加藤忠広公ゆかりの松


                加藤神社


 清正公の嫡男・加藤忠広公が配流先の出羽庄内の丸岡から松の実生を持ち帰り、植えたものだそうです。


 大手水鉢


                 加藤神社


 熊本三手水鉢と言われ、清正公の重臣大木邸使用のものだそうです。
 

 太鼓橋


       加藤神社


 清正公が文禄の役の記念として持ち帰られたものだそうです。出世橋とも言われています。


 さらに、崩落した石垣から現れた観音様が祀られていました。



                加藤神社


 地震によって崩れた熊本城の石垣の中から、観音菩薩が彫られた石が発見されたそうです。
 


                  加藤神社


 よ~く見ると、石の左側に後光が差している様子が描かれていました。



                 加藤神社


 石垣が約400年前に組まれたことから、それ以前に彫られたものとみられているそうです。

 凄いものが出てきましたね~σ( ̄∇ ̄o) 


 加藤神社は、地震による建物被害は少なく、見所がたくさんありました。



 にほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ にほんブログ村 主婦日記ブログへ





 熊本城稲荷神社


    熊本城稲荷神社


 天正16年(1588年)、加藤清正公が肥後の国主として入国するにあたり勧請した神社です。

 生活の守護神として熊本市民の崇敬を集めているそうです。


 手水舎


          熊本城稲荷神社


 2匹の狐がいましたヨ!カワイイですね~^^



            熊本城稲荷神社


 よく見ると、狐のお腹から御神水が出ていました~ ^^;


 智恵の輪くぐり


               熊本城稲荷神社


 4回輪をくぐると、「出世」・「開運」・「繁昌」・「良縁」・「健康」などのご利益があるそうです!

 健康で過ごせるようにと祈りながら、くぐりましたヨ!^^


 熊本城稲荷神社も熊本地震によって、大きな被害を受けたそうです。大鳥居や社務所を解体し、復旧中でした。

 一日も早く元の姿を取り戻せますように。



この記事のURL | おでかけ | CM(0) | ▲ top
<<鳥取まちなかビアフェスタ2018 | メイン | 水無月>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |