犬山城の城下町を散策 前編
2018/02/25(Sun)

 今年も花粉の季節になりましたね・・・(>_<)  



 旅の備忘録です。

 昨年の秋に、愛知県犬山市にある犬山城へ行って来ました。


 犬山城の城下町を散策しましたヨ!



      犬山城の城下町



      犬山城の城下町


 犬山城下町は犬山城の築城に伴い、もともとあった町を整備して作られました。

 現在も江戸時代と変わらない町割り(町の区画)がそのまま残り、江戸から昭和までの歴史的な建造物が立ち並びます。


 車山蔵


               犬山城の城下町


 町のあちらこちらに犬山祭に使われる車山(やま)をおさめた車山蔵がありました。(※車山(やま)=山車(だし)のことです。)


 からくり展示館


       犬山城の城下町


 入館料は一般100円ですが、わが家は犬山城下町周遊券で入館しました。



    犬山城の城下町
 

 からくり人形の展示やからくりに関する歴史や資料などを紹介しています。
 

 麾振(きぶ)り人形 


                  犬山城の城下町



 茶運人形


                  犬山城の城下町



 犬山祭車山1/4モデル


                 犬山城の城下町



 からくり人形操作体験もできましたヨ!


                 犬山城の城下町


 貴重な日本の伝統技術を学びました。


 城とまちミュージアム


      犬山城の城下町
       

 観覧料は一般100円ですが、こちらも犬山城下町周遊券で入館しました。



      犬山城の城下町


 犬山の歴史や文化が楽しく学べます。


 犬山城と城下町大模型


       犬山城の城下町


 約1/200の縮尺で再現されています。



         犬山城の城下町


 これは天保11年(1840年)旧暦8月28日の犬山祭当日を再現したもので、昔の犬山城の姿や当時の人々の暮らしぶりがわかります。



           犬山城の城下町


 旧犬山城主成瀬家が所有していた多数の古文書や美術工芸品なども常設展示しています。
        
 
 どんでん館


     犬山城の城下町


 入館料は一般100円ですが、こちらも犬山城下町周遊券で入館しました。



       犬山城の城下町


 ユネスコ無形文化遺産に登録された「犬山祭」を年中体感できる施設です。

 実際の祭で使用されている高さ8mの山車は、漆塗りや金箔が施され、重厚感のある精巧な造りを間近で見ることができます。



         犬山城の城下町


 夕焼けの演出のあとには提灯の付いた車山に灯りが点ります。

 名称の由来は、犬山祭の車山が城下町の辻で豪壮に180度方向転換する様を「どんでん」と呼んでおり、この言葉から名付けられたそうです。 

 
 後編へ続きます。
 


 にほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ にほんブログ村 主婦日記ブログへ





 わん丸君参上!


                 わん丸君


 犬山市の公式キャラクターです。

 全国でも市の名前に「犬」がつくのは愛知県犬山市だけだそうです。そんな犬山をPRするために誕生したわん丸君は柴犬がモチーフだそうですヨ!
 
 

この記事のURL | おでかけ | CM(0) | ▲ top
<<犬山城の城下町を散策 後編 | メイン | 山陰本線東浜駅  ~岩美町~>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |