秋の北海道旅行記⑧
2017/10/24(Tue)

 凄い台風でしたね!

 一晩中暴風が吹き荒れ、県内でもあちこちで被害が出ているようです。

 わが家は大丈夫でしたが、また次の台風が発生するらしく、進路が気になります~(>_<)
 


 先月、北海道に行ってきました!

 旭川市内散策の続きです。

 
 旭橋(あさひばし)


          旭橋


 石狩川と牛朱別川に架かる橋です。



    旭橋


 旭川市のシンボルとして、多くの市民に親しまれている旭橋は、全長225.43メートル、橋幅18.3メートルで、北海道でも有数の鉄橋として知られています。

 はじめてここに橋が出来たのは明治25年で、その後4回架け替えられ、現在の旭橋が完成したのは、昭和7年11月のことです。

 市内中央を流れる石狩川に架かるこの橋は市の南北を結ぶ重要な交通路で、昭和31年までは市内電車も橋の上を走っていました。(※説明看板より)



        旭橋


 美しいアーチ橋ですネ!



                旭橋


 昭和58年に、ランタン風の照明灯を復元しました。

 平成14年には土木遺産に、平成16年には北海道遺産に認定されました。


 これは、当時のプレートかな?

 
                 旭橋


 汽車製造株式会社とは、鉄道車両メーカーで、後に川崎重工業に吸収合併されたようです。

 この橋は、ドイツから輸入した鋼を使い、最先端の技術を駆使して建設されました。



          旭橋


 戦時中は、戦車も通行していたそうです。

 多くの兵隊さんが、この橋を渡り戦地に向かったのですね。


 
                 旭橋



        旭橋

 
 頑丈だけど、美しい造りの橋でした!

 いつまでも架橋当時の姿を残し続けてほしいと思いました。


 石狩川


        石狩川


 北海道中西部を流れ日本海へ注ぐ、一級河川石狩川水系の本流です。

 流域面積は利根川に次いで全国第2位、長さは信濃川、利根川に次いで第3位です。



       石狩川


 石狩川を見るのは初めてで した。


            石狩川


 「石狩」 という言葉の語源がアイヌ語だとは思いませんでした。

 北海道の地名の約8割は、アイヌ語由来によるものだそうです。


 リベライン旭川パーク ドリームランド


    旭川


 河川敷公園です。噴水や遊具もあり、市民の憩いの場です。

 天気が良ければ、大雪山連峰が一望できます!  

 歩き疲れたので、暫くここで休憩しました。心地良い秋風が吹いていました。



 にほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ にほんブログ村 主婦日記ブログへ





 北海道にも、八十八ヶ所霊場がありましたヨ!



         旭川


 第1・2番札所の『成田山 眞久寺』です。



       旭川


 明治25年(1892年)、当山初代住職である久志卓動によって開基されました。

 巨大な鳳凰が翼を広げる表現をした大屋根に、朱色と極彩色があでやかな本堂でした。

 とても立派なお寺でした。

 

この記事のURL | おでかけ | CM(0) | ▲ top
<<「カレーハウス ムーナ」でお昼ご飯 | メイン | 秋の北海道旅行記⑦>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |