スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
安芸の小京都・竹原へ その1
2016/11/07(Mon)

 今日は立冬ですが、小春日和でポカポカ陽気になりましたね!

 明日は雨の予報で、明後日からは寒くなるそうですよ!冬支度はお早めに!!



 先々月、広島県竹原市へ行って来ました。

 竹原市は、平安時代に京都の下鴨神社の荘園として栄え、「安芸の小京都」と呼ばれています。

 また、NHK連続テレビ小説「マッサン」のモデルとなった日本ウイスキーの父・竹鶴政孝の生まれ故郷です。



         竹原市


 こちらにも、カープのリーグ優勝を祝う看板がありましたヨ!町中 大盛り上がりですネ!^^


 「道の駅 たけはら」


              竹原市


 JR竹原駅から徒歩10分、歴史的景観を残す「町並み保存地区」の入口にあります。

 館内には、地元の新鮮な食料品や特産品を販売する売店やフレンチレストランがありました。


 さらに、マッサン等身大パネルと番組紹介パネルの展示もありました!o(^▽^)o



      竹原市



                  竹原市


 こちらは、竹鶴政孝氏とリタ夫人です。

 ちなみに、「マッサン」の脚本家である羽原大介氏は、小学生の頃、倉吉市に住んでいたことがあるのだそうですヨ!(母情報です!σ( ̄∇ ̄o) )



          竹原市


 さらにさらに、この竹原を舞台にしたアニメ「たまゆら」の展示もありました。(私はよく知らないのですが・・・^^; )

 老若男女を問わず多くの人々で賑わっていました。


 夕食は、「太華園」へ伺いました。



       竹原市


 尾道ラーメンのお店です。竹原では、一番人気のラーメン屋さんだそうです。


 主人は、ぎょうざ定食(970円)をオーダー!


           竹原市


 中華そば+ぎょうざ+ご飯のセットです。


 私は、半チャンそば(940円)


            竹原市


 中華そば+焼きめし・小のセットです。

 中華そばは、自家製平打ち麺でスープは濃い目の醤油味でした。適度なこってり感で食べ応えがありました!

 パラリと仕上がった焼きめしと人気のぎょうざも良いお味でしたヨ!(≧∪≦)
 


                   竹原市


 生ビール・中(530円)と共に、美味しくいただきました~ヽ(≧∀≦)ノ

 ごちそうさまでした~


 お腹いっぱいですが、せっかくなのでもう一軒行くことに・・・ ^^;
  

 JR竹原駅の近くにある魚どころ「磯っ子」へ伺いました。



       竹原市


 瀬戸内の魚料理が味わえるお店です。

 テレビ東京系列の「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」で紹介されたお店のようです。(帰ってから知りました。)魚介類が苦手な蛭子さんは、とんかつを食べたそうですよ!^^


 瓶ビール(560円)とつきだし


                竹原市



            竹原市


 つきだしは、かぼちゃと鶏肉の煮物でした。とても美味しいかぼちゃでした!


 焼き鳥(350円)


            竹原市


 塩味です。プリプリのお肉でした!


 小いわしのてんぷら(500円)


            竹原市


 サクッと揚がっていて、美味でした!(≧∪≦)


 穴子焼き(670円)


            竹原市


 香ばしく焼かれていて、こちらも美味でしたヨ!(≧∪≦)
 

 主人は、日本酒の竹鶴「秘傳(ひでん)」(450円)を追加オーダー!


                    竹原市


 ニッカウヰスキー創業者・竹鶴政孝氏が生まれ、幼少期を過ごした竹鶴酒造のお酒です。

 琥珀色で濃厚な味わいだそうです。


 私は、梅酒のロック(400円)


                     竹原市


 お腹パンパンです!満腹&ほろ酔い気分で、ごちそうさまでした~

 この日の夜は、「道の駅たけはら」の駐車場に宿泊しました。



 にほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ にほんブログ村 主婦日記ブログへ





 ~おまけ~

 竹原市のマンホールの蓋です。



          竹原市のマンホールの蓋


 竹原のシンボルとなっている竹とかぐや姫がデザインされています。




           竹原市


 町並み保存地区エリアには、町並み保存地区を案内するための標識もありました。これもマンホールの蓋かな?




この記事のURL | おでかけ | CM(0) | ▲ top
<<安芸の小京都・竹原へ その2 | メイン | 「アムール」でランチ  ~倉吉市~>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。