FC2ブログ
皆生温泉旅行記 その1 
2016/03/31(Thu)

 思い出の備忘録です。

 昨年の9月に、主人と米子市にある皆生温泉「海色・湯の宿 松月」へ訪れました。



     皆生温泉 松月


 結婚記念日のお祝いに宿泊しました。(主人が、自分のお小遣いをコツコツと貯めてプレゼントしてくれましたヨ!^^)

 こちらは、昭和2年(1927年)創業の老舗温泉旅館だそうです。平成11年11月11日、全館を新築してグランドオープンされたそうです。


 まずは、お茶とお菓子でおもてなし♪



                皆生温泉 松月


 海が見渡せるラウンジでいただきました。


 女性限定で、色浴衣の貸し出しサービスもありました。



          皆生温泉 松月


 無料です。


               皆生温泉 松月


 手提げ篭も貸してもらいましたヨ!


 お部屋は、温泉露天風呂付客室を選びました。



         皆生温泉 松月



               皆生温泉 松月


 12帖の和室で奥に露天風呂が2つ設置してあります。



                  皆生温泉 松月


  
                皆生温泉 松月


 濡れ縁に腰掛けながら足湯入浴も楽しめます!



                 皆生温泉 松月


 別に内風呂(シャワー付バスルーム)も完備してありました。



                皆生温泉 松月
            

 洗面台も二つありましたヨ!!

 1階なので外の景色を見ることはできませんが、広いお部屋で大満足でした~+。:.゚ヾ(*´▽`*)ノ゚.:。+゚

 

 にほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ にほんブログ村 主婦日記ブログへ





 こちらのお宿のすぐ裏は、海でした!



      皆生温泉


 海水浴場です!(とはいえ、シーズンは終わってますけど・・・^^; )



       皆生温泉


 皆生温泉は、明治33年(1900年)に皆生海岸の浅瀬に湧き出る熱湯を漁師が偶然発見し、その後、有本松太郎翁によって山陰随一の温泉歓楽街として開発が進みました。


 有本松太郎翁の胸像


                皆生温泉
 

 兵庫県浜坂町出身。大正7年(1918年)鳥取県会議員に当選し、大正9年(1920年)に皆生温泉開発を始めたそうです。
 

 そして、皆生温泉は日本トライアスロン発祥の地でもあります!

 昭和56年(1981年)、トライアスロン競技が日本で初めて、皆生温泉で始まりました。現在も毎年7月に開かれています。


 日本トライアスロン発祥記念碑


                 皆生温泉
 

 昭和60年(1985年)に建立されました。



           皆生温泉のマンホールの蓋


 全日本トライアスロン皆生大会をデザインしたマンホールの蓋もありましたヨ!



          米子市のマンホールの蓋


 こっちは、通常の米子市のマンホールの蓋です。

 中央に米子市の「米」を図案化した市章をあしらい、その周りに市の花「つつじ」が描かれています。
 

 皆生海浜公園


     皆生温泉


 昭和初期から戦後にかけて、この辺り(皆生温泉)に競馬場があったそうです。

 戦後、皆生競馬場は米子競馬場と名称を改めて再出発しましたが、昭和28年(1953年)に廃止となりました。当時は、馬の入浴場もあったそうですヨ!


 米子には4年程住んでいましたが、知らないことが多いです。



この記事のURL | 温泉 | CM(0) | ▲ top
<<皆生温泉旅行記 その2 | メイン | 打吹公園の桜>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |