スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
夏の信州へ  その6
2015/11/13(Fri)

 朝起きるのがつらい季節になりました~ (>_<)  

 最近は日の出が遅く、起きる時間はまだ真っ暗です!!今朝も主人が家を出る時には、星が見えて
いましたヨ・・・ (T-T )

 

 旅行記の続きです。

 今年の夏は、主人と長野県へ行って来ました。



 善光寺


 長野といえば「善光寺」。 「一生に一度は善光寺詣り」 とも言われる有名なお寺です。

 善光寺の始まりは、今から約1400年前と言われています。



 参道


       善光寺


 この参道(敷石)は、本堂が現在地に移転竣工の後、七年目にあたる正徳4年(1714年)に完成したと
伝えられています。

 当時の敷石の枚数は7777枚、現在は7千枚ぐらいだそうです。市指定の史跡にもなっています。
 

 

    善光寺


 善光寺は、宗派を問わず誰でも参拝できます。 

 年間約600万人もの参拝者が訪れるそうです。



 仁王門


      善光寺
         

 宝暦2年(1752年)に建立されましたが、大地震などにより二度焼失し、現在のものは大正7年(1918年)に再建されました。

 この門には、善光寺の山号である「定額山」の額が掲げられています。


 仁王像  


                善光寺



                善光寺

 
 阿形(あぎょう)と吽形(うんぎょう)の配置が通常と逆なのが特徴です。

 迫力ありますよね~ w( ̄o ̄)w


 仁王像の足


                   善光寺


 筋肉が凄いですっ!! (〃▽〃) 

 現在の像は、大正8年に完成開眼されたそうです。
 
 また、仁王像の背後には、三面大黒天像と三宝荒神像も安置されています。



 仲見世通り


         善光寺


 お土産物屋さんなどが並んでいます。



 旧如来堂跡地蔵尊


         善光寺


 旅館の前に、お地蔵様がいらっしゃいました。

 皇極天皇元年(642年)の創建から元禄13年(1700年)までは、善光寺の本堂はこの場所にあったそうです。(善光寺本堂は、古くは「如来堂」と呼ばれていました。)


 
 六地蔵


       善光寺


 迷いや苦しみから衆生を救ってくださる菩薩だそうです。宝暦9年(1759年)に造立しましたが、昭和17年の大戦で金物供出しており、現在のものは昭和29年に再興されたものだそうです。



           善光寺


 手前のお地蔵様は、一刻も早く救いに行こうと、片足を踏み出しています。



 濡れ仏


                善光寺


 享保7年(1722年)造立の延命地蔵尊です。



 山門(三門)


    善光寺


 寛延3年(1750年)の建立で国の重要文化財です。



      善光寺


 楼上には輪王寺宮筆の「善光寺」と書かれた額が掲げられています。



            善光寺


 これは通称「鳩字の額」と呼ばれており、3文字の中に鳩が5羽隠されています。更に「善」の一字が牛の顔に見えると言われ、「牛に引かれて善光寺参り」の信仰を如実に物語っています。



 本堂(国宝)


      善光寺


 創建以来十数回もの火災に遭いましたが、現在の本堂は宝永4年(1707年)に再建され、東日本にある国宝建築物の中では最大規模だそうです。



       善光寺


 立派な佇まいですね!



 大香炉


           善光寺


 煙を身体にこすりつければ、無病息災、病気平癒のご利益があると言われています。



 鐘楼


          善光寺
              

 嘉永6年(1853年)に再建されましたが、梵鐘は寛文7年(1667年)のものだそうです。



 徳川家大奥供養塔


          善光寺


 大奥関係者の供養塔です。善光寺は、徳川将軍家から篤く信仰されていたそうです。



 松代藩真田家の古塔


          善光寺


 善光寺の外護職を務めていた松代藩真田家の供養塔が並んでいます。



 回向柱(えこうばしら)


               善光寺


 善光寺最大の行事・御開帳において、本堂前に建てられる高さ10mの角塔婆です。

 御開帳終了後には経蔵裏手に納められ、歴代の回向柱とともに、徐々に土に還っていきます。



 聖徳太子碑


                善光寺


 善光寺と聖徳太子とのご縁は深く、善光寺縁起(善光寺御本尊の故事来歴をつづった物語)には善光寺如来と太子が文を交わした話が説かれています。



 仏足跡


          善光寺



 お釈迦様の足跡を石に刻んだものがありました。



            善光寺


 とても大きな足跡でしたヨ!^^



 大賀蓮


       善光寺


 放生池には、たくさんの大賀蓮が栽培されていました。



            善光寺


 ただし、午後3時を過ぎていたので、花は閉じていました。残念!! 




      善光寺


 早い時間に来ていれば、綺麗な蓮の花が見られたんだろうなぁ~ σ( ̄∇ ̄o) 



 にっこりと微笑んでいるお地蔵様


                善光寺


 癒されますね~ヾ(o´∀`o)ノ


 こちらも大変暑かったので、早々に退散しました。(暑すぎて食べ歩きが出来ませんでした~ (T-T ) )



 にほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ にほんブログ村 主婦日記ブログへ





 善光寺門前通り



         門前通り


 参道入り口前の横断歩道も石畳でした。




         門前通り


 商店街がありました。

 長野市でも最も古い街の一つで、老舗が立ち並んでいました。



 THE FUJIYA GOHONJIN (藤屋御本陳)


          門前通り


 旧藤屋旅館だそうです。江戸時代には加賀藩前田家が参勤交代で常用し、その後は、皇族のほか伊
藤博文や福沢諭吉も利用していたそうです。現在は、ダイニングレストランです。

 慶安元年(1648年)に創業し、大正13年(1925年)に洋風建築に改築されました。国の登録有形文化財
だそうです。


 和風と洋風の入り混じったとてもお洒落な街並みでした。



この記事のURL | おでかけ | CM(0) | ▲ top
<<鳥取かにフェスタ2015 | メイン | 夏の信州へ  その5>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。