大阪旅行記 2日目vol.2
2014/10/10(Fri)

 昨日の新聞で、鳥取市にある「丸福珈琲店」が閉店されたことを知りました。

 こちらのお店のホットケーキが好きでした。もう一度食べたかったなぁ・・・。とても残念です。



 大阪旅行記の続きです。

 先月、主人と2泊3日で大阪へ遊びに行って来ました!


 天王寺区にある四天王寺へお参りに行きました。

 推古天皇元年(593年)に聖徳太子が建立した官寺です。



       四天王寺


 中ノ門から入りました。



          四天王寺


 この日はお彼岸ということもあり、ご先祖供養が行われ、数多くの露店も出ていました。 


 大黒堂


          四天王寺


 「三面大黒天(大黒天・毘沙門天・ 弁才天)」をお祀りしたお堂です。


 英霊堂


          四天王寺


 明治39年に建立されたときには「大釣鐘堂」と呼ばれ、当時世界一大きい大梵鐘が釣られていました。

 鐘は第二次大戦で供出され、その縁により戦没英霊を奉祀する「英霊堂」と改名され現在に至ります。

 四天王寺名物の「釣鐘まんじゅう」は、この鐘に由来しているのだそうです。


 石舞台と六時礼讃堂


       四天王寺

 
 石舞台は、江戸時代の文化5年(1808年)に再建されたもので日本の三舞台の一つに数えられ、重要文化財に指定されています。



          四天王寺


 六時礼讃堂は、天台宗の最澄が弘仁7年(816年)に創建。現在のお堂は、江戸時代初期の元和9年(1623年)に再建されたもので、重要文化財に指定されています。


 亀の池


            四天王寺


 たくさんのカメが甲羅干ししていましたヨ!

 かつては「蓮池」といわれ、池一面を蓮の葉が覆っていたそうです。


 北鐘堂


         四天王寺


 昭和24年(1949年)再建。正式には、黄鐘楼(おうしょうろう)といいます。

 このお堂の鐘の音は遠く極楽までも響くといわれ、先祖供養のための鐘の音が絶えません。


 中心伽藍


       四天王寺


 中心伽藍の入口(西重門)です。

 お彼岸の期間は、中心伽藍が無料開放されています。


 

      四天王寺


 中心伽藍は、中門・五重塔・金堂・講堂が一直線に並び、それらを回廊が取り囲むという四天王寺式の伽藍配置です。

 あべのハルカスが見えますネ!^^


 五重塔


               四天王寺


 現在あるものは八代目で、昭和34年(1959年)に再建されました。

 五重塔の内部は、螺旋階段で上ることができます。(内部は撮影禁止でした。)


 五重塔の最上階から見た太子殿


           四天王寺


 聖徳太子を祀っています。


 中門


       四天王寺


 中心伽藍の南の入口です。

 金剛力士 (仁王像)を祀っていることから「仁王門」とも呼ばれています。


 太子殿猫の門


          四天王寺


 聖徳太子をお祀りしているお堂「聖霊院] の門です。

 門に眠り猫の彫刻が施されていて、経堂に納められた経典を鼠から守っているそうです。

  
 亀井堂


          四天王寺


 戦火で焼失後、昭和30年に再建されました。

 亀井堂の水は金堂の地下からの湧水で、供養を済ませた経木を流せば極楽往生が叶うといわれています。多くの参拝客でごった返していました!


 南鐘堂


                四天王寺


 正式名称は、鯨鐘楼(げいしょうろう)といいます。北鐘堂と対になっています。


 常香炉


              四天王寺


 ご利益を求めて、お線香の煙を体中に浴びておきました~^^


 親鸞聖人の銅像


                 四天王寺


 弘法大師像もあります。


 西大門 


         四天王寺


 昭和37年(1962年)に再建され、「極楽門」とも呼ばれています。

 この門には転法輪が設置されていて、参詣者はこれをクルクルと回転させてご利益をいただいていました。


 四天王寺の西の入口・石の鳥居



       四天王寺


 もとは木造でしたが、石造に改められたものです。

 鎌倉時代の永仁2年(1294年)に建立されたといわれ、四天王寺で現存する建物で最も古い建築物です。重要文化財に指定されています。

 
 聖徳太子影向引導五輪宝塔(しょうとくたいしようごういんどうごりんほうとう)



                 四天王寺


 隣接する玉垣内鎮座の霊石「引導石」の上に、その昔、太子が影向(ようごう)されたとの古記録にもとづき建立されたもので、宝塔中央に聖徳太子尊像をご安置しています。


 引導石


             四天王寺

 
 葬送の時に棺を引導石の前に置き、四天王寺境内にある無常院(北引導鐘堂)の鐘を三度鳴らすと、お太子様がこの石に現れて極楽浄土の世界にお導き下さると伝えられています。


 いろいろと勉強になりました。こちらへは初めて訪れましたが、見どころがいっぱいで、短時間ではとても回りきれないほどでした。(今回は凄い賑わいで、少し疲れましたが・・・^^;)



 にほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ にほんブログ村 主婦日記ブログへ





 四天王寺の参道にある「総本家釣鐘屋」に立ち寄りました!



          総本家釣鐘屋


 明治33年(1900年)の創業です。

 四天王寺の大釣鐘を模してつくられた釣鐘まんじゅうが名物です。
 


               総本家釣鐘屋


 わが家は、釣鐘せんべいとカステラを購入しましたヨ!



                     総本家釣鐘屋



                 総本家釣鐘屋


 どちらも素朴な味わいで美味しかったです!ごちそうさまでした~



この記事のURL | おでかけ | CM(0) | ▲ top
<<大阪旅行記 2日目vol.3 | メイン | 皆既月食のはずが・・・>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |