車中泊旅行記 その4
2013/11/20(Wed)

 今日は、晴れていましたが風が冷たかったですね!

 明日は風がおさまり、小春日和になるそうですよ!!



 先月、主人と車中泊旅行をしました。

 10月12日 この旅の目的地・愛媛県松山市にある道後温泉へ到着!

 道後温泉は約3000年の歴史を誇る日本最古の温泉といわれ、足を痛めた白鷺が湧き出る温泉で傷を癒したことが起源とされています。



      道後温泉
 

 駐車場(冠山)から見た道後温泉本館です。



       道後温泉


 道後温泉本館は、明治27(1894)年建造の木造三層楼の公衆浴場で、国の重要文化財に指定されています。

 夏目漱石の小説「坊っちゃん」に登場して、一躍有名になり、〔坊っちゃん湯〕とも呼ばれています。



          道後温泉


 午後4時過ぎでしたが、大行列でした!朝6時から23時まで営業されています。


 玉の石


          道後温泉


 道後温泉本館の北側に祀られた石です。

 病に倒れた少彦名命が道後の湯で湯浴みをしたところ病気が回復し、立ち上がったときに踏んで足跡が残ったという伝説があります。わが家も柄の長い柄杓でお湯をかけ、願い事を唱えました!^^


 道後温泉駅 


         道後温泉


 1911年(明治44年)建築の旧駅舎が、明治洋風建築そのままの外観で復元されています。


 坊っちゃん列車


           道後温泉


 平成13(2001)年に、松山ゆかりの俳人・正岡子規没後100年と松山城築城400年を記念して、復活されました。

 松山市内を走り、観光客の目を楽しませています。


 坊ちゃんカラクリ時計


                道後温泉


 道後温泉本館の振鷺閣(しんろかく)を模したもので、道後温泉本館100周年を記念して、平成6(1994)年に作られました。

 坊っちゃんやマドンナをはじめとする小説「坊っちゃん」の登場人物が音楽にあわせて時を告げます。



            松山市


 ささっと散策した後は、路面電車に乗って主人のお目当てのお店へ行きました。



         松山市


 松山市一番町にある愛媛の地酒アンテナショップ「蔵元屋」です。

 以前松山を訪れたときにも伺い、主人が大変気に入ったお店です。



           松山市


 こちらでは、28蔵・約150銘柄の愛媛の地酒を取り揃えており、1杯100円から味わえます!

 店内は、スタンディングスタイルです。(注文は、カウンターにて前払いです。)


 主人は、純米酒呑み比べ(600円)をオーダー!



            松山市


 内子町の京ひな・松山市の雪雀・今治市の山丹正宗の3種類です。

 迷ったときは、これが一番ですネ!それぞれの蔵元の味わいを楽しめたようでした。


 私は、松山市の桜うづまき(100円)



              松山市
             

 純米酒です。軽快な口当たりで、キレのある味わいでした!


 おつまみ


           松山市


 内子産醍醐トミーノチーズ(300円)と今治産しまアジの炙りもの(200円)をいただきました。

 トミーノチーズは、カマンベールのようなチーズです。濃厚で、大変美味でした~ (*^∇^*)

 おつまみは、和洋折衷のメニューで100円からありました。ウーロン茶やバニラアイスもありましたヨ!^^


 主人は、追加オーダー!



            松山市


 西予市の東洋一(100円)と松山市の久米の井(100円)です。秋から冬の定番商品だそうです。



            松山市

 
 お好みで、お燗も出来ますよ!やわらぎ水(仕込み水)もいただけます。

 夕食前なので控え目にしました。ごちそうさまでした~

 鳥取にもこんなお店があったらいいのになぁ~ σ( ̄∇ ̄o) 


 その5に続きます。



 にほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ にほんブログ村 主婦日記ブログへ





 ~おまけ~

 松山市のマンホールの蓋です!



          マンホールの蓋


 市の花であるヤブツバキの周囲に、特産の伊予絣の模様をデザインしています。

 ちょっと意外なデザインでした。



この記事のURL | おでかけ | CM(0) | ▲ top
<<台湾料理「四季の味」で晩ご飯 | メイン | 車中泊旅行記 その3>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |