母と日帰り旅行 後編
2012/07/27(Fri)

 先週の日曜日(7/15)に、母と日帰り旅行へ行って来ました。


 昼食後は、鳴門公園内にある大塚国際美術館へ行きました。



          大塚国際美術館


 オロナミンCなどでおなじみの大塚製薬グループが、創立75周年記念事業として1998年(平成10年)に開館した美術館です。



           大塚国際美術館


 世界の名画1000点以上の原寸大の作品が一堂に展示されている、陶板名画美術館です。(全て、陶板に焼き付けたレプリカです。)

 こちらは、日本で一番高い入館料の美術館だそうですよ!大人3150円もします!!(ちなみに、二番目は足立美術館だそうです。)



           大塚国際美術館


 教科書などで見たことのある絵画がい~っぱい!

 館内は、ノーフラッシュなら写真撮影OKで、触ることもできますヨ!



                      大塚国際美術館


 せっかくなので、ムンクさんにタッチしてきました!すごいでしょう!!^^


 とても広い館内(地下3階から地上2階の展示スペース)なので、見て回るのに結構時間が掛かります。

 ささっとレポさせていただきますね~^^


 ミケランジェロのシスティーナ礼拝堂天井画および壁画


              大塚国際美術館


 正面に見えるのが「最後の審判」です。
 
 この日は「第九コンサート」があり、壁画に近寄って見ることができませんでしたが、とても美しく素晴らしかったです。


 ラファエッロの「アテネの学堂」


            大塚国際美術館


 中央に、プラトンとアリストテレスが描かれているそうです。

 
 レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」 

 修復前


           大塚国際美術館



 修復後


           大塚国際美術館


 イタリア・ミラノにある修道院の食堂の壁画として描かれたものだそうです。

 思っていたよりずっと大きかったです。(大きさは420×910cm もありました!)

 こちらでは、修復前と修復後の両方が向かい合わせで展示されていて、とても興味深く鑑賞することができました。
 

 レオナルド・ダ・ヴィンチの「モナ・リザ」


                  大塚国際美術館

          

 マネの「笛を吹く少年」


                  大塚国際美術館



 ミレーの「落ち穂拾い」


              大塚国際美術館



 フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」


                    大塚国際美術館



 ボッティチェッリの「ヴィーナスの誕生」


            大塚国際美術館



 ピカソの「ゲルニカ」


            大塚国際美術館



 屋外展示のモネの「大睡蓮」


            大塚国際美術館


 大きすぎて、一部しか写真には収まってませんが・・・^^;



                 大塚国際美術館

                
 大きな池もあり、色とりどりの睡蓮の花が咲いていました。



                 大塚国際美術館


 とても涼しげでした。



                    大塚国際美術館


 最後に、歩き疲れたので、館内にある自販機でポカリを買って飲みました~^^

 2時間しか見学時間がなかったので、半分くらいしか見れなかったかも・・・ (>_<)

 でも、日本に居ながら世界の名画を鑑賞でき、とても楽しかったです。



 にほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ にほんブログ村 主婦日記ブログへ



この記事のURL | おでかけ | CM(2) | ▲ top
<<へメロカリス | メイン | 東京ばな奈ツリー >>
コメント
-  -
私も何回か応募しましたが、なかなか当たりません。お母さんすごいですね。
 昨年鳴門のうず潮見に行きました。大塚美術館の前も通りましたが、入場料1人3000円・・・。諦めました。
 でも写真をたくさん見せてもらうと、チャンスがあったら、やっぱり見たいと思いました。
2012/07/27 22:49  | URL | mako #-[ 編集]
- makoさん -

ウチの母も、『よう当たっただわ!』と言っておりました。
今年の運をすべて使い果たした感じです!^^

美術館ですが、お値段が高い気がしますが、館内にはカフェやレストランもあり、一日かけて
ゆっくりと回れば、決してこの入館料は高くないと思いました。
全てレプリカですが、聖堂や礼拝堂がそのまま再現されていたり、教科書で見た有名な絵画が
目の前で見れたり、写真撮影も出来るので、それだけの価値はあると思いますよ。
機会があれば、ぜひ!^^

2012/07/30 20:22  | URL | ごんた #6qvtZKK6[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |