スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
名勝 仙巌園(磯庭園)へ その3
2012/06/01(Fri)

 GW旅行記です。

 桜島観光の後は、鹿児島市にある島津家別邸「仙巌園(せんがんえん)」へ行きました。



                 仙巌園


 「ゆくさ、おさいじゃったもした。」は鹿児島弁で、「ようこそ、おいでくださいました。」という意味だそうです。

 鹿児島弁って、独特の方言ですよね!でも、最近は鹿児島弁をしゃべる人が少なくなっているのだそう
です。


 望嶽楼(ぼうがくろう)


           仙巌園


 19代当主(2代藩主)島津光久の代に琉球国王から贈られたと伝えられています。

 中国風の建物で、藩主が琉球使節と面接する際に使用されました。


 磯御殿


       仙巌園



         仙巌園

          
 江戸時代、島津家の別邸として使用されました。



           仙巌園


 現在残されているのは、明治17年に改築された部分を中心に、往時の3分の1ほどの規模だそうです。



           仙巌園

 
 明治21年(1888年)から10年間は、29代当主島津忠義(第12代(最後の)藩主)が本邸として使用して
いました。


 ヤクタネゴヨウ


           仙巌園


 樹齢350年・樹高約28m・直径約1.5mの巨木な松です。

 ヤクタネゴヨウとは「屋久・種子・五葉」の意味であり、屋久島と種子島のみに自生する五葉松の一種
だそうです。仙巌園のシンボルと言われています。


 水道橋


           仙巌園


 保津川に架かる石橋です。

 「篤姫」のロケ地です。



            仙巌園


 若き日の篤姫、小松、西郷、大久保の撮影が繰り広げられたところだそうです。


 「曲水の庭」付近。


           仙巌園


 こちらも「篤姫」のロケ地です。

 小松帯刀の鹿児島城下でのシーンが撮影されたところだそうです。


 濾過池


           仙巌園


 登録有形文化財だそうです。

 明治40年に造られました。皇太子(後の大正天皇)の訪問を機に、より上質な上水道の必要性を感じ
濾過池が造られたようです。


 迫ン太郎(さこんたろう)


          仙巌園


 「迫ン太郎」とは、谷水の流れを利用した米つき機の一種で、精米機のなかった頃にもみや玄米を精米
していたそうです。


 パワースポット


                仙巌園


 園内に5ヵ所あり、すべて回りました!元気が貰えたかな?^^


 森の中から見た桜島


          仙巌園



 磯御殿とヤクタネゴヨウと桜島


       仙巌園


 篤姫も、ここから桜島を眺めていたのかな?^^
 
 すばらしい風景を堪能しました!


 仙巌園の隣りには、28代当主島津斉彬が作ったとされる「尚古集成館」がありました。



          仙巌園


 国の史跡文化財に指定されています。日本初の工場群跡です。

 現在は、歴史記念館になっています。


 以上で、散策終了です!

 見どころがたくさんあり、じっくり見て回ろうと思ったら半日以上はかかります。

 また、いつの日か訪れたいと思いました。



 にほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ にほんブログ村 主婦日記ブログへ





 ちなみに、天璋院篤姫の養父である第11代藩主(第28代当主)島津斉彬(なりあきら)の実母は、鳥取
池田家6代藩主池田治道の娘「弥姫(いよひめ)」だそうです。弥姫は学問の才があり、信心深く、凛とし
た気品が備わった女性であったそうです。プチ情報でした~^^



この記事のURL | 2012年GWの旅 | CM(0) | ▲ top
<<「おはよう堂」でお昼ご飯 | メイン | 名勝 仙巌園(磯庭園)へ その2>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。