スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
初夏の三千院 後編
2011/07/08(Fri)

 本日、梅雨明けしたようですね!

 とっても暑い一日でした~!!! ヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ



 先月(6/5(日))、主人と『三千院』を訪れました。



            三千院


 こちらは、皇族・貴族などが出家して居住した寺院です。
 
 

       三千院



       三千院


 院内は、厳粛な雰囲気に包まれていました。が、時折、修学旅行生のにぎやかな声が響いていました。

 
 紫陽花苑


           三千院


 紫陽花の名所だそうですが、まだ咲いていませんでした。残念! (>_<)

 見頃は、6月下旬から7月上旬頃で、約3000株の紫陽花がいっせいに咲き乱れるそうです。


 鎌倉時代の石仏


                三千院


 京都市で最大最古の石仏といわれているそうです。


 観音堂


       三千院


 お堂の中には、身の丈3mの観音様の立像が祀られています。


 小観音像


         三千院



           三千院


 観音堂の周りには、ご縁を結ばれた方々の小観音像が安置されていました。


 お地蔵様


           三千院



           三千院


 院内には、たくさんのお地蔵様がいらっしゃいました。

 穏やかな表情をされていますね!^^


 金粉入りの紫蘇茶


              三千院


 休憩所でいただきました。良いお味だったので、お土産に購入しました。


 三千院は見どころがいっぱいで、楽しく散策できました。春・夏・秋・冬と、それぞれの季節にまた訪れた
いと思うほど、素敵なところでした。



 にほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ にほんブログ村 主婦日記ブログへ





                 大原


 大原は、三千院以外にもいろんな観光スポットがありました。


 勝林院


         大原


 承和2年(835年)、慈覚大師の開基で、その後衰退したが長和2年(1013年)に大原入道寂源が再興して勝林院と称しました。

 現在の本堂は安永7年(1778年)の再建です。



           大原


 こちらは、しば漬発祥の地としても有名で、赤シソがたくさん栽培してありました。



         大原


 日本一のしその里なのだそうです。


 散策中に、このような看板を発見!



                 大原


 矢印の先へ進むと・・・、



       大原


 ありました!

 見渡すかぎり大原の里!!!

              
 大原の里は、四方山に囲まれた盆地です。ここからは、棚田や集落、西山の連なりが一望できます。  
 正面の山が平家物語にも登場する翠黛山(577m )とロッククライミングで有名な金毘羅山(573m)です。   
 さらに、運が良いと西山一帯にかかる小野霞(おのがすみ)が見られます。 
                                                  ~現地案内板より~



       大原


 お天気が良ければ、もっと素晴らしい眺めだったことでしょう! "ヽ(´▽`)ノ"


 大原念佛寺のお地蔵様(弁財天さんもいらっしゃいました。)



         大原



            大原
  

 大原は、お地蔵様の多い町でした。



この記事のURL | おでかけ | CM(0) | ▲ top
<<あきたブルーベリー農園 | メイン | 初夏の三千院 前編>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。