安芸の宮島 その1
2010/06/02(Wed)

    宮島


   
 6月になりましたね!

 肌寒い日が続いていましたが、やっと初夏らしい陽気になってきました。

 さて、先月、突然の思いつきで広島へ出かけたお話の続きです。


 5/15(土) 宮島行きのフェリー乗り場



      宮島


 車は、近くの観光用駐車場に止めました。(一日1000円)


 フェリー乗り場前には、舞楽・蘭陵王(らんりょうおう)の像がありました!



                蘭陵王の像
                
 
 舞楽は、平安時代末期に平清盛によって大阪・四天王寺から厳島神社に伝えられたそうです。


 では、フェリーに乗って、宮島へ出発!



         フェリー


 JRのフェリーに乗りました!

 運賃は、大人(往復)340円でした。2kmの海上を約10分で結んでいます。



         フェリー


 あっという間に到着!



                 宮島


 宮島へは、10年振りくらいに訪れました。老若男女で、とてもにぎやかでした!


 どこからともなく鹿がやってきました!



           宮島


 人間慣れしているようで、近寄って来ました!

 『エサをくださ~い!』 とでも言っているのかな?^^


 大鳥居


      大鳥居


 宮島のシンボルです!

 高さ約16m、現在の大鳥居は平安時代から8代目にあたり、明治8年(1875)に再建されました。

 干潮時だったら歩いて大鳥居をくぐれたのに・・・。



                 潮の干満時間


 間もなく満潮時刻を迎えようとしているところでした。残念~! (;´Д`)ノ

 

 にほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ にほんブログ村 主婦日記ブログへ




 世界文化遺産の厳島神社をご案内いたします!


 本殿の入り口



       本殿の入り口
        

 拝観料は、大人300円です。(外国人の団体さんに囲まれちゃいました~!^^; )


 厳島神社は、1168年、平清盛によって今日のような廻廊で結ばれた海上社殿を造営しました。

 平安時代の日本神殿建築の美を今に伝えています。
  

 廻廊(かいろう)


        廻廊



 本社祓殿

    
          本社祓殿



 社殿


        社殿



 高舞台


         高舞台


 平清盛が厳島神社に伝えた優雅な舞楽が、この舞台で演じられます。


 能舞台


          能舞台


 毛利元就が創建し後に再建されたものです。国内でも唯一の海に浮かぶ能舞台だそうです。


 反橋(そりばし)


        反橋


 重要な祭事の際、勅使がこの橋を渡って本社内に入ったことから別名・勅使橋(ちょくしばし)とも呼ば
れました。

 今は、立ち入り禁止になっています。


           反橋
 

 かなりの急勾配ですよね?

 階段にはなっていないので、当時この橋を渡るのって大変だったのでは?^^;



      社殿


 以前訪れたときは台風の被害で修復中の為、一部見学できないところがありました。今回は、一通り
ゆっくりと見学することができました!でも、この日は土曜日だというのに、小学校の修学旅行生がい~
っぱい!^^; 写真を撮るのが一苦労でした~!^^;


 その2に続く!



この記事のURL | おでかけ | CM(0) | ▲ top
<<安芸の宮島 その2 | メイン | 鳥取二十世紀梨記念館 「なしっこ館」>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |