吉野ヶ里歴史公園
2010/05/11(Tue)
  
    吉野ヶ里遺跡


 佐賀県と言えば、吉野ヶ里遺跡が有名ですよね!もちろん、行って参りましたよ!^^



       吉野ヶ里歴史公園


 入園料は、大人400円でした。(この日は、駐車場は無料でした(西口のみ))

 出入り口のゲートがある建物は、ちょっと現代的な感じ?^^



           吉野ヶ里歴史公園


 吉野ヶ里遺跡は、我が国最大規模の弥生時代の遺跡です。この遺跡の保存や発掘物の展示などのた
めに、歴史公園として整備されました。


 集落


       吉野ヶ里遺跡



           吉野ヶ里遺跡


 吉野ヶ里集落の一般の人々が住んでいた地域で、高床建物や竪穴住居などが復元されていました。


 こちらは、吉野ヶ里の支配者層が生活をしていた場所と考えられています。(王や役人の家がありました。)


      吉野ヶ里遺跡


 物見櫓があり、当時は兵士が見張りをしていました。



           吉野ヶ里遺跡



            吉野ヶ里遺跡


 役人の妻が髪を結っているところらしいのですが、薄暗いので、ちょっと恐かったです・・・^^;



 物見櫓から見た景色


     吉野ヶ里遺跡


 素晴らしい眺めですね~^^ 佐賀の平野が一望できます!


 主祭殿


           吉野ヶ里遺跡


 会議を行ったり、祖先の霊への祈りや祀りを行ったりした、中心的な建物だそうです。

 このムラで、一番大きな建物でした。(歩き疲れてしまって、2階と3階に上がる元気はありません
でした~(×_×;) どうやら、等身大人形がたくさんいたようです。)


 お墓


       吉野ヶ里遺跡


 住民や兵士などの一般の人の共同墓地だそうです。

 長さ600mにも渡って2列に埋葬されています。



           吉野ヶ里遺跡


 甕棺(かめかん)という、大型の素焼きの土器の棺に亡くなった人の手足を折り曲げて入れ、土の
中に埋める埋葬方法です。この棺は、北部九州にだけみられる特色的なものだそうです。
 
 
 北墳丘墓(きたふんきゅうぼ)



           吉野ヶ里遺跡


 歴代の王の墓です。

 裏に回ると、中に入れるようになっていました!(写真に写っているのは私です!^^)



           吉野ヶ里遺跡


 内部


         吉野ヶ里遺跡

 
 発掘調査当時のすがたを蘇らせ、一般公開されています!



           吉野ヶ里遺跡


 棺からは、銅剣も一緒に見つかったそうです。( の部分)


 棺の模型


           吉野ヶ里遺跡


 
 こんな感じで、埋葬されていたようです。

 いろいろとお勉強になりました~ "ヽ(´▽`)ノ"


 最後は、チビッコ達に混ざって・・・、


           吉野ヶ里遺跡


 弓矢遊び(無料)をしました~!ヾ(≧∇≦)〃

 
              吉野ヶ里遺跡


 的は、イノシシや野ウサギでした!^^ 私はまったく当たりませんでしたが、主人は何本か命中して
いました!くやし~い! (>_<)

 
 2時間程の滞在でしたが、とてもおもしろかったです! "ヽ(´▽`)ノ"



 にほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ にほんブログ村 主婦日記ブログへ




 弥生人(男性)って、こんな感じだったそうです!


                 弥生人


 平均身長は、約163センチだそうです。

 ちょっと、ずんぐりむっくり? ^^;



この記事のURL | 2010年GWの旅 | CM(2) | ▲ top
<<道の駅「はわい」の牛骨ラーメン | メイン | 有田駅名物 「有田焼カレー」>>
コメント
- こんにちわ -
こういうトコ大好きです!!
昔の人がどんな生活をしてたのか?食事はどうだったか?など想像するとワクワクしちゃいます。
2010/05/12 12:43  | URL | yurihamako #xGBkLi0E[ 編集]
- yurihamakoさん -

こちら、とっても楽しかったですよ~^^ 見どころ満載で、撮影スポットもいっぱいでした!

そういえば、身近な所にも弥生時代の遺跡(長瀬高浜遺跡)がありますよね!他にも、馬ノ山古墳
などもありますね。湯梨浜町は、遺跡の宝庫じゃないですか!!!

私も昔の人達の暮らしぶりを想像すると、ワクワクしちゃいます!^^
2010/05/12 20:51  | URL | ごんた #6qvtZKK6[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |