GW旅行記 熊本編⑧
2018/06/14(Thu)

 NHK BSプレミアムの 『にっぽん縦断 こころ旅』 が、今週は鳥取県の旅を放送していますね!

 私の “こころの風景” はどこだろう?なかなか思いつきません・・・ ^^;

 

 今年のゴールデンウィークは、九州へ行って来ました!


 熊本県菊池市内

 菊池武光公騎馬像


     菊池市内


 今から約650年程前の南北朝時代の武将、第15代当主菊池武光公の騎馬像です。



        菊池市内


 後醍醐天皇の御子である懐良(かねなが)親王を征西将軍に迎え、南朝方として室町幕府と戦い、一時は九州を平定するなど活躍しました。



         菊池市内


 とても躍動感あふれる騎馬像でしたヨ!!o(^▽^)o

 菊池市のシンボルとして建てられたこの騎馬像は、日本有数の大きさを誇り、騎馬像のある菊池市民広場は、市民や訪れる人々の憩いの場となっています。


 隈府(わいふ)の町並み


       菊池市内


 菊池市隈府は、古くから豪族・菊池一族の本拠地として栄えていました。

 「御所通り」を散策しました。


 わいふ一番館


       菊池市内


 「まちかど資料館」と「まちづくり寄合所」のふたつの建物で構成される蔵造りの建物です。

 まちづくり寄合所の前には、高木元右衛門の銅像がありました。元右衛門は菊池出身の幕末の志士で、池田屋事件や蛤御門の変で活躍しました。



       菊池市内

 
 まちかど資料館は菊池市の歴史、文化を紹介する資料館です。入館料は、大人200円です。


 将軍木


     菊池市内


 県立菊池高校正門西側にあります。

 懐良親王が植えたと言われる、樹齢600年以上の椋(ムク)の巨木です。



           菊池市内


 樹高が16m、幹回りが8m、枝張りが東西24mにもなり、幹の半分以上は腐食し無くなっていますが、樹勢は衰えていません。

 県指定天然記念物だそうです。


 菊池松囃子能場


      菊池市内


 この能舞台は、江戸時代の寛政8年(1796年)に再建されたもので、現在も毎年10月13日に「松囃子能」や「狂言」「仕舞」等が奉納されています。


 高木医院


      菊池市内


 昭和6年(1931年)に建てられた木造2階建ての洋風建築物です。
 
 国の登録有形文化財だそうです。


 横町ポケットパークの足湯


               菊池市内


 こちらは、歴史は浅いですが温泉地なんです!

 住宅地の中にある、モダンなデザインの足湯でした。



            菊池市内


 ちょうど良い湯加減で、気持ちよかったです~ヾ(´▽`*)ノ


 肉の有働


       菊池市内


 精肉店です。

 馬刺しを購入し、車の中で美味しくいただきましたヨ!ごちそうさまでした~



 にほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ にほんブログ村 主婦日記ブログへ



この記事のURL | おでかけ | CM(0) | ▲ top
GW旅行記 熊本編⑦
2018/06/13(Wed)

 昨晩、わが家のプランター栽培のきゅうりを初収穫しましたヨ!

 今年は何本採れるかな?^^



 今年のゴールデンウィークは、九州へ行って来ました!


 有朋の里 泗水(しすい)孔子公園



    泗水孔子公園


 熊本県菊池市泗水町にあります。道の駅「泗水」に隣接しています。



     泗水孔子公園


 中国の儒教家・孔子の生誕の地である中国泗水県にちなんで命名された、本格的な中国宮廷建築様式の公園です。(※この日は園内でイベントがあった為、消防車が来ていました。)


 回廊


    泗水孔子公園


 「三国志」の物語や花鳥風月、山水画が描かれています。

  
 祀聖亭(しせいてい)


    泗水孔子公園


 祀聖亭(六角亭)と呼ばれる、孔子像が納められた建物です。



     泗水孔子公園


 高さ3mの孔子像が安置されています。



               泗水孔子公園


 孔子像の石材は、本場中国のものが使用されているそうです。 


 玉石


       泗水孔子公園


 中国3000年の歴史の中でボケない玉として人々に親しまれているという玉石が置いてありました!

 中国山東省泗水県より贈られたものだそうです。



                 泗水孔子公園


 ボケ防止に、主人としっかり撫でてきましたヨ!!^^

 
 合格橋


         泗水孔子公園


 試験合格を目指し、渡る方もおられるそうです。


 資料館


        泗水孔子公園


 孔子まつりに使用される衣装などが展示してあります。


 爽やかな風が吹き抜ける広々とした公園でした。地元の家族連れで賑わっていました。



 にほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ にほんブログ村 主婦日記ブログへ



この記事のURL | おでかけ | CM(0) | ▲ top
GW旅行記 熊本編⑤
2018/06/06(Wed)

 梅雨らしい雨が降り続いていますね。

 今年の梅雨は、大雨に注意だそうです!



 今年のゴールデンウィークは、九州へ行って来ました!


 熊本市内

 路面電車が走っていました。


               熊本市内


 大正13年(1924年)開業。

 2つの系統で市内を東西に走る交通網として市民や観光客に幅広く利用されています。車両は昔懐かしいレトロなものから2014年に導入された新型車両「COCORO(こころ)」までさまざまです。

 料金は、大人一律170円です。1日乗車券なら大人500円で乗り放題でした!



               熊本市内


 熊本市の中心市街地では、路面電車の軌道敷を緑化する事業が進んでいます。



      熊本市内


 通町筋停留場からは、熊本城の天守閣が見えますヨ!(今回は復旧工事中でしたが・・・ ^^;)


 熊本信用金庫本店のビル


             熊本市内

                             
 巨大なくまモンの姿がありましたヨ!

 縦13m、横15mの特大くまモンです!!ヾ(≧∇≦)〃


 横井小楠をめぐる維新群像


       熊本市内


 熊本城公園からすぐ近くの高橋公園内にあります。維新群像の中心になっている人物は、熊本出身の横井小楠です。 (左より、坂本龍馬、勝海舟、横井小楠、松平春嶽、細川護久。)
 
 横井小楠は坂本龍馬の相談役であったことや、勝海舟や吉田松陰とも親交があったとされています。

 この群像は横井小楠の生誕190年、没後130年を記念して平成12年(2000年)3月に建立されました。   


 谷干城像


               熊本市内


 西南戦争の時に、熊本鎮台司令長官だったという谷干城(たにたてき)の像もありました。


 ウォーターステーション(水のみ場)


                熊本市内


 熊本駅新幹線口(西口)駅前広場に設置してありました。

 熊本市は全国でも有数の地下水都市だそうです。
 
 "蛇口をひねればミネラルウォーター"と言われる「おいしい水」がいくらでも飲めますヨ!


 今回は立ち寄りませんでしたが、小泉八雲や夏目漱石が過ごした家などもありました。またの機会にでも・・・。



 にほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ にほんブログ村 主婦日記ブログへ



この記事のURL | おでかけ | CM(2) | ▲ top
GW旅行記 熊本編④
2018/06/05(Tue)

 中国地方もついに梅雨入りしましたね!

 夜から雨の予報でしたが、すでに降り始めました~ (>_<)



 今年のゴールデンウィークは、九州へ行って来ました!


 水前寺成趣園


     水前寺成趣園


 地元では「水前寺公園」の名前で親しまれています。

 入場料金は、大人400円です。(市電1日乗車券の提示で360円になります。)


 入口


     水前寺成趣園


 水前寺成趣園石碑と明治天皇臨幸碑がありました。


 園内

 
    水前寺成趣園


 水前寺成趣園は、寛永13年(1636年)より、細川忠利公(初代肥後藩主)、光尚公、綱利公の三代にわたり築造された桃山式回遊庭園です。

 昭和4年(1929年)に、国の名勝および国の史跡に指定されました。



    水前寺成趣園
 

 東海道五十三次を模した見事な和風庭園が広がります。


 湧水池と富士山に見立てられた築山



            水前寺成趣園



 「日本橋」をイメージして造られた石橋もあります。



    水前寺成趣園



 鯉の群れ


               水前寺成趣園


 池の水は阿蘇の伏流水だそうです。

 熊本地震によって一時的に池の水が干上がってしまいましたが、地元の方々の力によって復活したそうです。


 細川忠利公(左)と細川藤孝公(右)の銅像


     水前寺成趣園



 能楽殿


      水前寺成趣園


 古くから熊本に受け継がれてきた本座・新座の伝統を今に伝え続けています。


 古今伝授の間


     水前寺成趣園


 四百年程前、京都御所にあった建物を大正元年(1912年)に移築したものだそうです。



        水前寺成趣園

 
 ここのお座敷から眺める成趣園が最も美しいと言われています。


 園内では、水前寺菜が栽培されていました。



         水前寺成趣園


 水前寺菜は、熊本の伝統野菜だそうです。

 葉の表面は濃い緑色ですが、裏面は濃い紫色の美しい野菜です。美味しいのかな?^^


 思ったより小さな庭園でしたが、散策するには丁度良い広さでした。



 にほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ にほんブログ村 主婦日記ブログへ



この記事のURL | おでかけ | CM(0) | ▲ top
鳥取まちなかビアフェスタ2018
2018/06/03(Sun)

 今日は、主人と鳥取駅前風紋広場で開催されていた「鳥取まちなかビアフェスタ2018」へ行って来ましたヨ!



    鳥取まちなかビアフェスタ


 鳥取の地ビールをはじめ、普段あまりお目にかかれないクラフトビールを国内外から厳選して取り揃えているそうです。


 わが家は、当日券を購入しました!



            鳥取まちなかビアフェスタ


 ビールは、1杯500円です!


 まずは、山口県・萩ビールの 『チョンマゲビール ペールエール』 と北海道・網走ビールの 『流氷ドラフト』をいただきました!



          鳥取まちなかビアフェスタ


 チョンマゲビールは、イギリスのバートン産を代表するビールで、ホップの苦みがきいておりコクとフルーティーな香りを備えたイギリスを代表する淡い色調のビールです。

 流氷ドラフトは、青色のビールですヨ!(昨年もいただきました!!)



                鳥取まちなかビアフェスタ


 オホーツクの空・海・流氷をイメージした「オホーツクブルー」をコンセプトに、オホーツク海の流氷を仕込水に使用し、コクがあり爽やかな軽い飲み口に仕上げてあります。


 お次は、沖縄県の 『シークヮーサーホワイトエール』 です。


                  鳥取まちなかビアフェスタ


 沖縄県産シークヮーサーを使用した爽やかな味わいで、暑い日にピッタリですヨ!^^


 アメリカの 『アンカー リバティエール』


             鳥取まちなかビアフェスタ


  マスカットのような香りとクリーミーな泡が特徴です。


 ちょっと飲み足りなかったので、主人はハイボール(300円)を購入!


                 鳥取まちなかビアフェスタ



 私は、スパークリングワイン(500円)


                  鳥取まちなかビアフェスタ


 屋外で昼間から飲むお酒は美味しいですね~ ゚+。:.゚ヾ(*´▽`*)ノ゚.:。+゚

 特に、今日は暑かったので余計に美味しく感じましたヨ!! (*^∇^*)


 フードメニューもいろいろありました!

 厚焼きベーコン(300円)


             鳥取まちなかビアフェスタ


 鳥取産二十世紀梨のすりおろし果汁にじっくり漬け込んだベーコンです。美味でした!(≧∪≦)


 フライドポテト(200円)


            鳥取まちなかビアフェスタ


 アツアツで、ビールによく合いました~(≧∪≦)


 鶏肉のから揚げ(400円)


                  鳥取まちなかビアフェスタ


 カレーハウス ムーナさんのからあげですヨ!絶品です!!ヾ(≧∇≦)〃


 蒸し鶏とマカロニのピリ辛サラダ(500円)


            鳥取まちなかビアフェスタ


 鳥取県産の鶏を使用。こちらも良いお味でしたヨ!(≧∪≦)


 ふわ焼き(1本200円)


            鳥取まちなかビアフェスタ


 牛の肺です。


 ホルモン焼きそば(500円)


            鳥取まちなかビアフェスタ
 

 お腹いっぱ~い!ごちそうさまでした~  

 久しぶりの外飲みで楽しかったです!!ヾ(〃^∇^)ノ♪   



 にほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ にほんブログ村 主婦日記ブログへ



この記事のURL | おでかけ | CM(0) | ▲ top
GW旅行記 熊本編③
2018/06/02(Sat)

 ガソリンの価格が高騰していますね!!

 まだまだ上がるのかなぁ・・・ (T-T )



 今年のゴールデンウィークは、九州へ行って来ました!


 加藤神社


     加藤神社


 加藤清正公を祀るため、熊本城内に創建された神社です。


 拝殿


       加藤神社


 多くの人が訪れていました。


 境内からは、熊本城が見えます。



    加藤神社から見た天守閣


 熊本城天守がよく見えるスポットでもあり、復旧中の熊本城を間近に見学することができます。



       加藤神社から見た天守閣


 急ピッチで復旧工事が進んでいます!

 本当に、今しか見ることのできない姿ですね・・・€=(´Д`)    


 宇土櫓


    加藤神社から見た宇土櫓


 空堀と20メートルもの高石垣の上にそびえる三層五階地下一階の櫓です。



        加藤神社から見た宇土櫓

 
 西南戦争や熊本大空襲からも免れ、明治22年の地震、そして今回の大地震でも倒壊することなく、しっかり建っていました!


 くまモン達磨


          加藤神社


 再建のための募金を呼びかけていました。
 

 境内には、多くの清正公ゆかりの遺物がありました。

 文禄の役記念 清正公の旗立石


       加藤神社


 明治42年肥前名護屋城より移したものだそうです。


 清正公お手植えの樹


             加藤神社


 この銀杏の樹は、慶長6年(1601年)より慶長12年(1607年)の熊本城築城の際、大天守前の銀杏の樹と共に、加藤清正公がお手植えされたものと伝えられています。


 加藤忠広公ゆかりの松


                加藤神社


 清正公の嫡男・加藤忠広公が配流先の出羽庄内の丸岡から松の実生を持ち帰り、植えたものだそうです。


 大手水鉢


                 加藤神社


 熊本三手水鉢と言われ、清正公の重臣大木邸使用のものだそうです。
 

 太鼓橋


       加藤神社


 清正公が文禄の役の記念として持ち帰られたものだそうです。出世橋とも言われています。


 さらに、崩落した石垣から現れた観音様が祀られていました。



                加藤神社


 地震によって崩れた熊本城の石垣の中から、観音菩薩が彫られた石が発見されたそうです。
 


                  加藤神社


 よ~く見ると、石の左側に後光が差している様子が描かれていました。



                 加藤神社


 石垣が約400年前に組まれたことから、それ以前に彫られたものとみられているそうです。

 凄いものが出てきましたね~σ( ̄∇ ̄o) 


 加藤神社は、地震による建物被害は少なく、見所がたくさんありました。



 にほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ にほんブログ村 主婦日記ブログへ



この記事のURL | おでかけ | CM(0) | ▲ top
GW旅行記 熊本編②
2018/05/30(Wed)
 
 何かと忙しい毎日を過ごしております。



 今年のゴールデンウィークは、九州へ行って来ました!


 熊本城
 
 熊本城は、平成28年4月の熊本地震で大きな被害を受け、城内は立ち入り禁止となっているので、お城の周りをぐるっと歩いてみました。


 まずは、加藤清正公像がお出迎え!


               熊本城
                            
             
 加藤清正は、日本三名城の一つに数えられる熊本城を築いた人物です。

 熊本城を守るように甲冑姿で鎮座しています。
 
 
 桜の馬場 城彩苑(じょうさいえん)


     熊本城


 熊本城のふもとにある観光施設です。



          熊本城


 熊本の特産品や郷土料理が楽しめます!


 二の丸広場


    熊本城


 大きなイチョウの木がありました!

 熊本城は、別名「銀杏城(ぎんなんじょう)」と呼ばれ、城内にはたくさんの銀杏の木があります。


 二の丸広場から見た天守と宇土櫓


    熊本城


 熊本城は、只今再建中です!

 2年前の震災で大きく傷ついた熊本城ですが、その復旧工事の様子が「今しか見られない」などと話題を呼んでいるそうです。



    熊本城


 現在の天守閣は、昭和35年(1960年)に再建されたものだそうです。大天守は修復工事用の足場に覆われ、小天守は宙に浮いているように見えます。

 左に見えている宇土櫓は、「第三の天守」とも呼ばれていて、最も古い櫓です。幸いなことに、外観は無事でした。

 

      熊本城


 小天守は、石垣が撤去されています。内部のコンクリートや鉄骨がむき出しになっています。

 凄いことになっていますね!!∑(゚Д゚ノ)ノ



                  熊本城

              
 本当に、今しか見られない熊本城の姿です。 

 大天守の外観を2019年までに復旧。小天守を含めた天守閣全体の復旧は、2021年春の完了を目指しているそうです。




        熊本城


 この日は、二の丸広場で、天守閣の「大天守」に設置される予定のしゃちほこに触れるイベントやセレモニーも開かれていて、多くの見物客で賑わっていました。



      熊本城


 新調されたしゃちほこは、高さ119センチ、重さ100キロの重厚な姿です。

 この後、しゃちほこは厳重に梱包されてトラックで城内まで運ばれ、大天守への設置作業が開始されました。


 イベント会場には、立体型の加藤清正顔出しパネルもありましたヨ!



             熊本城

 

  熊本市イメージキャラクターの「ひごまる」もいました。



       熊本城


 平成19年、 熊本城築城400年祭を期に現代へやってきた妖精だそうです。


 熊本市長さん(左)と日本財団常務理事さん



       熊本城


 天守閣の撮影をしていたら、お隣りにいらっしゃいました!

 日本財団は、熊本城復旧の支援をされています。式典に出席後、和やかに談笑されていました。


 石置き場


       熊本城


 お城の周りには、崩れた石がずらりと並んでいました。 



            熊本城


 石には番号が付けられていて、この番号を元に石垣を積み直していくのだそうです。石垣復旧は、気の遠くなるような地道な作業ですね。


 戌亥櫓(いぬいやぐら)


    熊本城


 平成15年(2003年)に再建された櫓です。

 地震で櫓下の石垣が大きく崩落し、角石で櫓を支える状態になっています。



       熊本城


 以前より間近で見学できるようになっていました。



         熊本城


 酷い状態ですね・・・。地震の恐ろしさを改めて感じました。
 


                熊本城


 2年間も1本石垣でよく耐え続けてますよね~ Σ( ̄□ ̄ll)


 西出丸塀


        熊本城


 城内のあちらこちらで崩れた石垣は、いまだ手付かずの部分も少なくありません。


 空堀


      熊本城


 空堀ですが、一部水が溜まっていて、池の様になっていました。

 とても広くて、シロツメクサがいっぱい咲いていましたヨ!


 北十八間櫓


       熊本城


 築城した当時の姿を残し、国の重要文化財に指定されていましたが石垣ごと全壊しました。

 倒壊した櫓の部材や石材は回収され、応急工事がなされていました。


 馬具櫓


      熊本城


 こちらも、まだ手付かずのままでした。櫓の壁には亀裂が入っています。  


 地割れで使用できなくなっている歩道もありました。



                熊本城


 復興へは、まだ時間がかかることを改めて感じさせられました。

 すべての復旧が完了するのは、20年後だそうです。少しでも早く、元の姿に戻れることを切に願っています。


 ※ちなみに、2016年10月の熊本城の様子はコチラです!



 にほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ にほんブログ村 主婦日記ブログへ



この記事のURL | おでかけ | CM(0) | ▲ top
GW旅行記 熊本編①
2018/05/23(Wed)

 今日は、朝から雨模様で肌寒い一日でしたね!

 梅雨入りが近いのかな?



 今年のゴールデンウィークは、九州へ行って来ました!


 JR熊本駅


    熊本県


 白川口(東口)です。在来線側です。

 昭和33年(1958年)に建てられました。が、高架化工事が完成したため、この駅舎は間もなく解体されるそうです。
 

 こちらは、新幹線口(西口)です。


       熊本県


 平成23年(2011年)の九州新幹線開業によって設置された新幹線口駅舎です。
 

 玄関前に、おてもやん像がありました。



                熊本県


 「おてもやん」って熊本だったんですね~^^ 熊本県の民謡だそうです。

 
 駅構内にある「肥後よかモン市場



      熊本県


 飲食店や土産物店など60店舗が入っています。



                 熊本県


 以前は「えきマチ1丁目」として営業していましたが、店舗面積を大幅に拡張し、リニューアルオープンしました。



                熊本県



                 熊本県


 店内には、くまモンがいっぱ~い!ヽ(≧∀≦)ノ


 地酒の無料試飲コーナー


                熊本県


 主人には、こちらの方が嬉しかったようです!^^


 昼食は、肥後よかモン市場内にある「馬肉料理 菅乃屋 熊本駅店」へ。

 熊本を代表する名物“馬刺し・馬肉料理”を味わえる専門店です。


 主人は、馬肉メンチカツカレー(950円)と角ハイボール(380円)をオーダー!



          菅乃屋 熊本駅店



                  菅乃屋 熊本駅店



 私は、桜ユッケ丼(1100円)


          菅乃屋 熊本駅店


 トマト風味のスープとサラダと温玉付きでした。



             菅乃屋 熊本駅店


 馬肉を使った馬刺しユッケがたっぷり!とろろ入りでした。


 そして、ランチご注文の方限定のセット馬刺し(500円)とレバー刺し(880円)も追加オーダー!!



            菅乃屋 熊本駅店



            菅乃屋 熊本駅店


 どれも美味しかったけど、特にレバー刺しが絶品でした~ヽ(≧∀≦)ノ

 お腹いっぱ~い!ごちそうさまでした~



 にほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ にほんブログ村 主婦日記ブログへ



この記事のURL | おでかけ | CM(2) | ▲ top
湯梨浜町のバラ園 2018
2018/05/17(Thu)

 夏のような暑さが続いていますね~
 
 まだ5月だというのに、ムシムシして暑いです!熱中症に気をつけましょう!!

 

 昨日、母と湯梨浜町原の個人のお宅のバラ園にお邪魔してきましたヨ!



       湯梨浜町のバラ園


 庭主さんのご厚意で、お庭を開放してくださっています。



       湯梨浜町のバラ園


 今年は例年よりも早く見頃を迎えていたようで、ピークは少々過ぎていましたが、綺麗に咲いていました!



       湯梨浜町のバラ園



         湯梨浜町のバラ園


 癒されますね~+゚。*(*´∀`*)*。゚+



                 湯梨浜町のバラ園


 色とりどりの花が咲いていて華やかでした~ヽ(≧∀≦)ノ



             湯梨浜町のバラ園



            湯梨浜町のバラ園



            湯梨浜町のバラ園



            湯梨浜町のバラ園



                 湯梨浜町のバラ園



                 湯梨浜町のバラ園


 ただ、バラの手入れは難しいようで、年々バラの数が減っているように思いました。

 今年も美しいバラの花を楽しませていただき、ありがとうございました。



 にほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ にほんブログ村 主婦日記ブログへ



この記事のURL | おでかけ | CM(0) | ▲ top
津山まなびの鉄道館・後編
2018/05/09(Wed)

 昨日は、久しぶりに実家へ行って来ました。

 祖父が作った春キャベツや空豆を貰って帰りましたヨ!採れたての野菜はとっても美味しいですネ!!



 3月末に、岡山県津山市にある「津山まなびの鉄道館」へ訪れました。



     津山まなびの鉄道館


 国内に現存する扇形機関車庫の中で2番目の規模を誇る「旧津山扇形機関車庫」を展示している博物館です。


 屋内展示施設は、「まなびルーム」・「まちなみルーム」・「あゆみルーム」・「しくみルーム」の4カ所がありました。

 まちなみルーム


       津山まなびの鉄道館


 旧津山扇形機関車庫など津山のまちなみをジオラマで再現しています。



         津山まなびの鉄道館


 Nゲージ模型も走ります。



          津山まなびの鉄道館


 150分の1サイズだそうです。精巧に作られていました!


 1日6回、6分間のジオラマショーも行われています。



        津山まなびの鉄道館


 津山の一日を体験でき、大人も子供も楽しめますヨ!^^


 しくみルーム


      津山まなびの鉄道館


 入口が旧津山駅の改札をイメージした造りになっています。
 


                津山まなびの鉄道館


 昔懐かしい品々が保存展示してありました。



                 津山まなびの鉄道館



 急行「砂丘号」のさよならヘッドマーク


             津山まなびの鉄道館


 ラストランとなった1997年(平成9年)11月28日に掲げられたヘッドマークだそうです。


 駅で使用していた案内表示板


            津山まなびの鉄道館


 急行「砂丘」は、1962年(昭和37年)に宇野―鳥取間の準急列車として運転を開始。1966年(昭和41年)に急行列車化され、その後岡山駅 - 鳥取駅・上井駅(現在の倉吉駅)間で運転されるようになりました。
 1997年(平成9年)に特急「いなば」(現在の「スーパーいなば」)が運転を開始したのにあわせて廃止。

 急行「みささ」は、1960年(昭和35年)に姫新線・因美線経由で大阪―上井(現在の倉吉駅)間の準急列車として運転を開始。1966年(昭和41年)に急行列車化されました。1989年(平成元年)に廃止。

 どちらの列車も津山駅に停車していたのですね。砂丘号には、2度乗車したことがあります。

 鉄道の歴史や構造などについて、楽しく学ぶことができました。
  


 にほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ にほんブログ村 主婦日記ブログへ



この記事のURL | おでかけ | CM(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ